Corporation (株式会社)あるいはLLC(限定責任会社):どちらを設立すべきでしょうか?

ビジネスの業種や、企業の形態により異なる税務上の影響、その他の考慮事項によって、Corporation(株式会社)またはLimited Liability Company(限定責任会社、LLC)のどちらを設立するかの決定は異なります。どちらの法人形態も、法人の債権者からオーナーの資産を保護し、ビジネスの法的責任からオーナーを保護する壁を提供するという重要な法的利点を持っています。

2023年第1四半期米国投資マーケット・レビュー

金融セクターの軟調、高水準のインフレーション、そして不確実な金融政策の見通しによって、市場は年初に強いスタートを切った後に急落を続け、投資家にとって不安定な展開が続きました。それでも、多くのセクターが今年第1四半期に利益を上げており、昨年の損失の後の朗報となっています。資産クラスのリターンは、グローバルな株式や債券の幅広いミックスでポジティブなパフォーマンスを示しています。軟調傾向の中でも、いくつかのセクターは他のセクターよりも堅調なパフォーマンスを維持しています。特に第1四半期のボラティリティ(変動)によって、米国株式市場はプレッシャーを受けるなかで、国際市場が優る動きになりました。

2023年を迎えた米国経済はリセッションの瀬戸際

2023年の第一四半期に入り、米国経済は景気後退に落ち込む危機が増し
ています。米国消費者は今のところ耐えてはいるものの、高金利が日常生活
、商取引やビジネスへの投資を難しいものにしています。

ウェブサイトリニューアルオープン

この度はPOSIのウェブサイトにアクセス頂き、誠にありがとうございます。この度、弊社ウェブサイトリニューアルいたしました。皆様にご満足いただけるよう、従業員一同、より一層努力を重ねてまいりたいと思います。今後ともPOSI […]

FATCAとFBARの報告

外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)の規定に従い、外国の銀行、証券会社、保険会社、投資ファンドなどの外国金融機関(FFI)は、米国人(United States person)が所有する口座に関する特定の情報をIRSに開示する必要があります。

移転価格税制のワンポイントアドバイス

移転価格税制とは、国外関連者との間のクロスボーダー取引に関わる価格を「独立企業原則」に基づき設定し、各国で適正な納税を義務付けるための制度です。例えば、日本の親会社で開発・製造した製品を、米国の子会社が仕入れ、それを米国市場で販売する取引は、米国子会社が日本の親会社から仕入する製品が関連者間で行われる取引であり、この取引価格を恣意的に決めてしまうことも可能です。

米国の法人税:米国市場参入時の注意点

米国は現在でも外国直接投資の最大の受入国の一つであり、外国企業にとって魅力的な場所であることに変わりはない。この投資の多くは、日本、カナダ、オーストラリア、EUといった地域からもたらされている。投資を誘致する主な理由のひとつは、世界最大の経済大国であることだ。